特定非営利活動法人 まちづくり情報センターかながわ 通称アリスセンター

HOME団体概要情報提供しますプロジェクト情報NPOで働こうお問い合わせ
HOME > トピックス

トピックス

2017年度 アリスセンターまちづくりサロン第3回「子ども・若者の居場所の役割~子どもたちのSOSをキャッチするために~」

年度 アリスセンターまちづくりサロン
第3回 子ども・若者の居場所の役割
~子どもたちのSOSをキャッチするために~

※チラシはこちら2017年度第3回アリスセンターまちづくりサロン
◆日時:2018年5月11日(金)18時15分~
◆会場:CASACO(カサコ)
◆ゲストスピーカー:西野博之さん
(NPO法人フリースペースたまりば 理事長)

★私たちの生活には、所得格差、雇用格差(正規・非正規)、世代間格差などの分断が発生しています。更に、分断は私たちの意識の中にもあります。今年度のアリスセンターまちづくりサロンは、忘れられている民族・人権・平和・マイノリティをテーマに開催します。
★第三回は、長年、神奈川・川崎をベースに学校に行きづらくなった子ども・若者達の居場所づくりに関わり、誰もが自分らしく生きることのできる地域づくりを目指して活躍している西野さんをゲストスピーカーにお迎えします。
「子どもは辛いことほど飲み込む」「虐待を受けていても子どもは言葉にして助けを求めることができない」、そんな子どもたちのSOSをキャッチするために子ども・若者の居場所は大きな力を持っています。子どもたちのSOSは部屋の中で待っていては届きません。川崎中学生死亡事件(2015年)を検証した委員会から「地域での子どもたちの遊び場の整備」が提案されています。見えにくい子どもの貧困、不寛容な日本社会の状況の中で、子ども・若者の居場所の役割やどのように子どもたちのSOSをキャッチするかについて、子どもファーストの川崎市子ども夢パーク・フリースペースたまりばでの取組みをお話し頂きます。
★会場の「CASACO(カサコ)」は、多世代・多国籍・地域の方々が集い、異なる価値観や文化を受容しあい、違いを楽しむ新しい場(居場所)です。そんな場の力を借りながら、西野さんのトークの後、参加者を交えて意見交換します。

◆タイム・スケジュール
18:15~18:50 食事タイム
西野さんと一緒におしゃべりしながら食事です。
食事は各自ご持参ください。
19:00~20:00 自己紹介、西野さんからのお話
20:10~20:50 トーク WITH ドリンク(カサコのバーで注文できます)
西野さんのトーク後、会場を交えての意見交換

◆会場案内
CASACO(カサコ)
横浜市西区東ケ丘23-1
(京急日ノ出町駅から徒歩5分、JR桜木町駅から徒歩13分。野毛山動物園の近く)

http://casaco.jp

※会場の行き方が不安な方は、京急日ノ出町駅改札口6時00分に集合してください。待ち合わせて行きます。(事前にメールでアリスセンターまでお申し込みください)

◆参加費:一般 2,000円 会員 1,000円 学生及び22歳以下無料
◆主催:特定非営利活動法人 まちづくり情報センターかながわ
◆協賛:(公財)かながわ生き活き市民基金、(特非)参加型システム研究所、神奈川県弁護士会、 (一社)インクルージョンネットかながわ、CASACO

◆お申し込み先
先着順で20名様までです。お早めに!一緒に行かれる方も下記までメールでお申し込みください。
特定非営利活動法人まちづくり情報センターかながわ(通称アリスセンター)
〒231-0001 横浜市中区新港2-2-1 横浜ワールドポーターズ6F
E-mail:office@alice-center.jp
◆お問い合わせ先
携帯 090-8313-0812(鈴木)又は090-7018-0547(吉田)



04月07日 2018年
お知らせ

2017年度アリスセンターまちづくりサロン第2回 差別と偏見はなぜおこる 地域の外国人をとりまく状況

2017年度 アリスセンターまちづくりサロン
第2回 差別と偏見はなぜおこる 地域の外国人をとりまく状況
~外国籍住民の住まい・生活支援の現場から~

チラシはこちら2017年度第2回アリスセンターまちづくりサロン

◆日時:2018年3月22日(木)18時15分~
◆会場:CASACO(カサコ)
◆ゲストスピーカー:ペイ アン
(NPO法人かながわ外国人すまいサポートセンター理事長)
◆トーク:ペイアン・加藤功甫(カサコ共同代表)

★私たちの生活には、所得格差、雇用格差(正規・非正規)、世代間格差などの分断が発生しています。更に、分断は私たちの意識の中にもあります。今年度のアリスセンターまちづくりサロンは、忘れられている民族・人権・平和・マイノリティをテーマに開催します。
★第二回は、神奈川・横浜をベースに多くの外国籍住民や日本人とともに誰もが自分らしく生きることのできる地域づくりを目指して活躍している爽やかなペイアンさんをゲストスピーカーにお迎えします。多くの外国籍住民が、日本の管理政策と同化政策の中で生きづらさを抱えています。その生きづらさは分断と格差の中で生きる日本人にも通じるものがあります。外国籍住民への住まい・生活支援の現場から見えてくる不寛容な日本社会の状況を話してもらいます。
★会場の「CASACO(カサコ)」は、多世代多国籍の方々が集い、異なる価値観や文化を受容しあい、違いを楽しむ場です。多国籍住民の共生を目指すという共通の理念のもとで活動してしているカサコ共同代表の加藤功甫(かとうこうすけ)さんと、ペイさんのトークも交えて、意見交換します。

◆タイム・スケジュール
18:15~18:50 カレータイム
※ゲストスピーカーのペイさんから、キムチの差し入れがあります。
※カレー[500円]を希望される方は、事前にお申し込みください。
持ち込みも大歓迎!
19:00~19:50 ペイさんと加藤さんの自己紹介、ペイさんからのお話し
20:00~21;00 トーク WITH ドリンク(カサコのバーで注文できます)
ペイさんと加藤さんのトーク、会場を交えての意見交換)

◆会場案内
CASACO(カサコ)
横浜市西区東ケ丘23-1
(京急日ノ出町駅から徒歩5分、JR桜木町駅から徒歩13分。野毛山動物園の近く)

http://casaco.jp

※会場の行き方が不安な方は、京急日ノ出町駅改札口6時00分に集合してください。待ち合わせて行きます。(事前にメールでアリスセンターまでお申し込みください)

◆参加費:一般 2,000円 会員 1,000円 学生及び22歳以下無料
◆主催:特定非営利活動法人 まちづくり情報センターかながわ
◆協賛:(公財)かながわ生き活き市民基金、(特非)参加型システム研究所、
(一社)インクルージョンネットかながわ、CASACO

◆申し込み&問い合わせ先
ご参加を希望される方、カレーを希望される方、会場へ一緒に行かれる方は下記までメールでお申し込みください。(先着順20名様まで)

特定非営利活動法人まちづくり情報センターかながわ(通称アリスセンター)
〒231-0001 横浜市中区新港2-2-1 横浜ワールドポーターズ6F
E-mail:office@alice-center.jp
携帯 090-8313-0812(鈴木)又は090-7018-0547(吉田)



03月05日 2018年
お知らせ

2017年度アリスセンターまちづくりサロン第1回ヨコスカ基地の街を歩きつづけて40年

2017年度 アリスセンターまちづくりサロン
第1回 ヨコスカ基地の街を歩きつづけて40年
-小さな平和運動のエピソード-

チラシはこちら2017アリスセンターまちづくりサロン第1回

〇子どもの貧困は、やや改善されたものの、まだまだ、私たちの生活には、
所得格差、雇用格差(正規・非正規)、世代間格差などの分断が発生して
います。更に、分断は私たちの意識の中にも忍び寄っています。今年度の
アリスセンターまちづくりサロンは、忘れられている民族・人権・平和・
マイノリティをテーマに開催します。
〇第一回は小さな平和運動を40年間続けてきた新倉さんをゲストスピーカ
ーをお招きし、古い建物だけど新しい多文化共生の居場所CASACO
(カサコ)で車座になって、新倉さんが「理想を高く持たない」平和運動
の中で考えた、海軍カレーと平和都市、自衛官との対話、平和運動と米軍
基地、自治体の平和力などについて、カレー(事前予約・有料)などを食
べたりしながらお話しいただきます。

◆ゲストスピーカー 新倉裕史(非核市民宣言運動・ヨコスカ)
◆日時:2018年1月25日(木)18時15分~
◆会場:CASACO(カサコ)

海軍カレーやネービーバーガーが有名な基地の街ヨコスカで、新倉さんは、
毎月1回、最終の日曜日に40年間、500回に渡って小さなリヤカーにつけた
スピーカーで「よろずピースBAND」を演奏し「基地のないまち」「糾弾よ
り対話」を呼びかけデモを続けています。
著書『横須賀、基地の街を歩き続けて-小さな運動はリヤカーとともに』
七つ森書館2016他

◆タイム・スケジュール
18:15~18:50 新倉さんを囲んでカレータイム
※カレー[500円]を希望される方は、事前にお申し込みください。
なお、ご自身で食べ物を持参されることも可能です)
19:00~19:50 新倉さんからのお話し
20:00~21;00 トーク WITH ドリンク
(カサコのバーで注文できます)
※持ち込み大歓迎!!!

◆会場案内
CASACO(カサコ)
横浜市西区東ケ丘23-1
(京急日ノ出町駅から徒歩5分、JR桜木町駅から徒歩13分。 野毛山動物園の近く) http://casaco.jp

※会場の行き方が不安な方は、京急日ノ出町駅改札口6時00分に集合して
ください。待ち合わせて行きます。
(事前にメールでアリスセンターまでお申し込みください)

◆参加費:一般 2,000円 会員 1,000円 学生及び22歳以下無料
◆主催:特定非営利活動法人 まちづくり情報センターかながわ
◆協賛:(公財)かながわ生き活き市民基金、(特非)参加型システム
研究所、(一社)インクルージョンネットかながわ、CASACO

◆申し込み&問い合わせ先
ご参加を希望される方、カレーを希望される方、会場へ一緒に行かれる方
は下記までメールでお申し込みください。(先着順20名様まで)

特定非営利活動法人まちづくり情報センターかながわ
(通称アリスセンター)
〒231-0001 横浜市中区新港2-2-1 横浜ワールドポーターズ6F
E-mail:office@alice-center.jp
携帯 090-8313-0812(鈴木)又は090-7018-0547(吉田)

====================================================================
アリスセンターまちづくりサロン 今後のスケジュール
====================================================================
(タイトル・内容は予定です)

◆第2回 あなたも私も自分らしく生きる地域をつくろう
~外国籍住民の住まい・生活支援の現場から~
日時:2018年3月22日(木)18時15分~
会場:CASACO
ゲストスピーカー:ペイ アン
(NPO法人かながわ外国人すまいサポートセンター理事長)

◆第3回 子ども・若者の居場所について
日時:2018年5月11日(金)18時15分~
会場:CASACO
ゲストスピーカー:西野博之(フリースペースたまりば理事長)



01月07日 2018年
お知らせ

2016年度アリスサロン シリーズ「分断社会の打開策を考える」第2回2017年2月5日(日)開催決定

2016年度アリスサロン シリーズ「分断社会の打開策を考える」

第2回 分断社会の実像を探る
「貧困・所得格差による分断~生活困窮者支援制度は分断を断ち切れるのか」

ゲスト:高沢幸男氏(インクルージョンネットかながわ理事・寿支援者交流会事
務局長)
●日時:2017年2月5日(日)14:00~17:00
●場所:反町駅前ふれあいサロン(東急東横線 反町駅改札前)

●参加費:一般 2,000円 会員 1,000円 学生 500円

私たちを取り巻く社会とくらしに、多くの方々が漠然とした不安を感じています。
少子高齢化の中、女性(シングルザー)と子どもの貧困格差の拡大、
介護人材や財源の不足、また、子育てに苦しむ保護者が増加しています。
きびしい社会経済環境の中で、私たち自身も、格差是正や他者への寛容さより、
自分達の生活防衛を余儀なくされ、格差に無関心になり不寛容な分断された社会が広がってしまいました。こうした「分断社会」を打開していくためには、生活者の視点でその状況が生み出されたもとを探り、思考停止状態になっている社会制度改革につなげていくことが求められていると思います。

そこで、2016年度アリスサロンでは、
神奈川県内における貧困や分断社会の現状を踏まえ、様々な分野で「分断社会」の問題に取り組む方々とともに、「分断社会の打開策」を探りたいと思います。

2016年度  アリスサロンの予定
第1回 問題提起「分断社会の打開策を考える~私たちは何ができるのか」
2016年11月6日(日) 問題提起:鈴木 健一・菅原 敏夫(ともにアリスセン
ター理事) 【実施済】

第2回 分断社会の実情を探る「貧困・所得格差による分断~生活困窮者支援制
度は分断を断ち切れるのか」

2017年2月5日(日)14:00~17:00 反町駅前ふれあいサロン
ゲスト:高沢 幸男氏(インクルージョンネットかながわ理事・寿支援者交流会
事務局長)

第3回 分断社会の実情を探る「分断に追い込まれる女性たち~シングルマザー、非正規労働」

2017年4月23日(日)14:00~17:00 反町駅前ふれあいサロン
ゲスト:桜井 陽子氏(全国女性会館協議会顧問・世田谷区立男女共同参画セン
ター館長)

第4回 分断を乗り越えて「つないだのは“農”だった!」(案)
2017年5月~6月 反町駅前ふれあいサロン(予定)
ゲスト:調整中

第5回 分断社会の実像を探る「不寛容と排斥による分断~ヘイトスピーチはな
ぜなくならないのか」(案)
2017年 7月以降 反町駅前ふれあいサロン(予定)
ゲスト:調整中

主催:特定非営利活動法人まちづくり情報センターかながわ(アリスセンター)

申込先:特定非営利活動法人まちづくり情報センターかながわ(アリスセン
ター)事務局まで
E-mail alicecenter2014@gmail.com



12月21日 2016年
お知らせ

第5回アリスサロン2016年11月6日(日)開催決定

お知らせ
8月に台風のため第5回アリスサロンは延期となりましたが、2016年11月6日(日)に開催が決まりました。

主催 (特非)まちづくり情報センターかながわ
第5回アリスサロン
分断社会の打開策を考える
~私たちは何ができるのか?~

日時:2016年11月6日(日)14:00~16:00

会場:横浜市市民活動支援センター 4階 (横浜市中区桜木町1-1-56)
      JR京浜東北線 ・横浜市営地下鉄ブルーライン 桜木町駅下車
 https://opencity.jp/yokohama/pages/gp/idx.jsp?page_id=10

参加費:一般2,000円 会員1,000円 学生 500円 

協賛:(公財)かながわ生き活き市民基金  (特非)参加型システム研究所
協力:(一社)インクルージョンネットかながわ 

私たちを取り巻く社会とくらしに、多くの方々が漠然とした不安を感じています。
少子高齢化の中、女性(シングルマザー)と子どもの貧困格差の拡大、介護人材や財源の不足、また、子育てに苦しむ保護者が増加しています。
きびしい社会経済環境の中で、私たち自身も、格差是正や他者への寛容さより、自分達の生活防衛を余儀なくされ、格差に無関心になり不寛容な分断された社会が広がってしまいました。
 分断社会を打開していくためには、生活者の視点でその状況が生み出されたもとを探り、思考停止状態になっている社会制度改革につなげていくことが求められていると思います。
 そこで、第5回のアリスサロンでは、神奈川県内における貧困や分断社会の現状を踏まえ、「大きな政府」の是非、「所得の再分配の原理」の再考、「シルバー民主主義」の是非、「市民同士の互助と協働領域」の拡大などの少し大きめの問題意識をもって、その方向性を多くの方々と探りたいと思います。お気軽なご参加をお待ちしております。

≪問い合わせ先≫
特定非営利活動法人まちづくり情報センターかながわ
〒231-0001 横浜市中区新港2-2-1 横浜ワールドポーターズ6F
E-mail: alicecenter2014@gmail.com

参加ご希望の際には、メールにてご連絡いただきますようお願い致します。




09月21日 2016年
お知らせ

第5回アリスサロンに延期のお知らせ

第5回アリスサロンに延期のお知らせ

8月30日(火)に予定しておりました、アリスセンター主催
第5回 アリスサロン
テーマ 分断社会の打開策を考える   ~私たちは何ができるのか?~


につきまして、迷走する台風10号が開催日に関東、東北地方への上陸の可能性が
大変高く、交通機関の乱れも予想されることから、
8月30日(火)
のアリスサロンの実施を延期させていただきます。

ご参加のお申込みの皆様には大変ご迷惑をおかけいたします。

延期日程につきましては、現在調整中です。

改めて、延期日時についてお知らせいたしますので

よろしくお願い致します。



08月28日 2016年
トピックス

2016年8月30日(火) 第5回アリスサロン開催のお知らせ

テーマ 分断社会の打開策を考える   ~私たちは何ができるのか?~

日時   2016年8月30日(火)19:00~21:00
会場   反町駅前ふれあいサロン(東急線反町駅改札前)
参加費  一般 2,000円 会員 1,000円 学生 500円
主催 特定非営利活動法人 まちづくり情報センターかながわ
協賛 (公財)かながわ生き活き市民基金、(特非)参加型システム研究所
協力 (一社)インクルージョンネットかながわ他

私たちを取り巻く社会とくらしに、多くの方々が漠然とした不安を感じています。
少子高齢化の中、女性(シングルマザー)と子どもの貧困格差の拡大、介護人材 や財源の不足、また、子育てに苦しむ保護者が増加しています。きびしい社会経済環境の中で、私たち自身も、格差是正や他者への寛容さより、自分達の生活防衛に追われ、格差に無関心になり不寛容な分断された社会が広がってしまったのではないだろうか。 分断社会を打開していくためには、生活者の視点でその状況が生み出されたもとを探り、思考停止状態になっている社会制度の改革につなげていくことが求められていると思います。
そこで、第5回のアリスサロンでは、神奈川県内における貧困や分断社会の現状を踏まえ、「大きな政府」の是非、「所得の再分配の原理」の再考、「シルバー民主主義」の是非、 「市民同士の互助と協働領域」の拡大などの少し大きめの問題意識をもって、その方向性を多くの方々と探りたいと思います。 お気軽なご参加をお待ちしております。

■タイムスケジュール
19:00 開会あいさつ
19:05 問題提起
何故、分断社会が生み出されたのか、私たちは何ができるのか?
(アリスセンター鈴木理事)
19:45 神奈川の社会の貧困の現状―経済・福祉・教育・人権等の視点から―
(アリスセンター菅原理事)
20:00 休憩
20:10 ディスカッション
20:50 まとめ
21:00 閉会

問い合わせ
特定非営利活動法人まちづくり情報センターかながわ(通称アリスセンター)
〒231-0001 横浜市中区新港2-2-1 横浜ワールドポーターズ6F
E-mail: alicecenter2014@gmail.com
※メールにてお申込みください。



08月24日 2016年
トピックス

← 古い記事へ


カテゴリ
アーカイブ
rss

ページトップへ

Copyright 2012 特定非営利活動法人 まちづくり情報センターかながわ. All rights reserved.